俺web

よこささぶろぐ%ティラミス・お菓子・お味噌汁

カメラとかアイドルとかFXとか。

THE ポッシボー@つんく♂THEATER

2007/04/30 15時からの回を観覧。芝居65分、手品(コント)20分、歌30分、終演MC5分、な感じ。
芝居は秋山c、橋本c、大瀬c、後藤cと、TNX練習生のGTT倶楽部が出演。時々何言ってるのかが分からないセリフがあり、それがストーリー全体を曖昧にしてしまっているように感じたが、芝居が本業のメンバーではないのでこれは仕方がない。手品は諸塚c、ロビンcとなか。たつや。業とドジを踏むコント仕立てだったので、気楽に観る事が出来た。そしてミニライブ

初恋のカケラ/乙女ナゾナゾ/主食=GOHANの唄/SWEET & TOUGHNESS/ヤングDAYS!!

「SWEET & TOUGHNESS」からGTT倶楽部も参加。9人のステージはいつもと違って見応えがあった。アンコールがあるものだと思っていたので、それが無かったのが物足りなかったですね。
それと、ポッシボーのイベントを観に行く度に思うのだが、ポッシボーファンは最近のアイドルファンにしては珍しく、どうしてあんなにおとなしいのだろう(あ、良く言います「行儀正しい」です)。やってる事が1970-1990年代なので、ファンも自然とそういう系統の人たちが集まってくるのだろうか。そうだとしたら、ポッシボーには今の路線を崩さず、このまま続けてほしい。どっかのサイトで「ポッシボーはやってる事が古い!」って記事を見た事があるんだけど、そんな事を言う『今時のヲタ』には℃-ute辺りを充ててればいい訳で(笑)、何も合わせる必要は無いと思うのでね。今現在のポッシボーのような存在は貴重ですよ。